賃料が確実に入る方法|暮らしの不安を解消するにはみんなで大家さんを利用

暮らしの不安を解消するにはみんなで大家さんを利用

賃料が確実に入る方法

会社

空室の心配は必要ない

アパート経営において一番の問題は、入居者が決まらない間は賃料収入が入ってこないことです。長い期間空室になっていると、その分だけ賃料収入が入ってこないことになってしまいます。それでも、管理経費は出ていきますので、結果的に赤字になってしまう場合もあります。そんな問題を解決してくれる方法として注目されているのが、一括借り上げです。一括借り上げの場合、業者が建物すべてを借り上げてくれるので、空室を心配する必要はありません。不動産業者等に一括借り上げしてもらえば、あとは自動的に賃料が入ってきます。一括借り上げであれば、たとえ空室があったとしても賃料がその分入ってこないということもないので、安心して不動産経営をすることが可能です。

契約見直しリスクも理解

ただし、一括借り上げでも注意は必要です。2年毎くらいで見直される場合が多いのです。つまり、一括借り上げの契約をしていても、空室が多い等の場合には契約解除となってしまうこともあります。また、当初賃料がそのまま続くわけではなく、下がることもあります。そのため、一度契約をしてしまえば、必ずしもそれで安心というわけではないのです。しかし、一括借り上げではなく、入居者がいなくなるたびに入居者を新たに募集する手間や心労を考えれば、一括借り上げのメリットは非常に大きいと言えます。一括借り上げの注意点を最初からきちんと認識したうえで、一括借り上げ契約をするのであれば、これほど安心できる方法はないのではないでしょうか。